ninshin-top

乳首の黒ずみコンプレックスになっている女性は少なくありません。
乳首が黒ずんでいることで自信をなくしてしまっている女性も多くいます。

乳首が黒ずむ原因は肌がなんらかの刺激を受けることでメラニンが過剰に発生し、色素沈着を起こしてしまうからですが、もう一つ、女性には乳首が黒ずむ原因があります。
それが妊娠です。

妊娠するとどうして乳首が黒ずむのか?

女性はお腹に赤ちゃんができると女性ホルモンのバランスが大きく変化することで身体にも様々な変化が起こります。
赤ちゃんをお腹の中で育て、産むための準備が急速に行われている状態になるのですが、妊娠中期に入るとメラニンを生成するメラノサイトという細胞が、女性ホルモンによって刺激されることでメラニンが過剰に生成されてしまい色素沈着が起こりやすくなってしまうのです。

妊娠中は乳首が黒ずみが目立つようになるだけではなく、デリケートゾーンやワキなどの黒ずみも目立つようになってしまいます。
また紫外線を浴びるとシミやそばかすなども出来やすくなってしまうのです。
通常であれば出来てしまったメラニンは代謝によって体外に排出されていくのですが、妊娠することで肌の代謝が悪くなってしまい上手く排出することが出来ずに色素沈着が起こりやすくなってしまいます。

赤ちゃんのためという説もある

乳首は赤ちゃんを出産して授乳をするために必要不可欠なものです。

赤ちゃんのお腹が空くたびに乳首を口に含ませて授乳をしなければならないので、妊娠中から出産後の授乳に備えて肌を守るために、メラニンが発生している可能性や生まれたばかりの赤ちゃんは視力が弱いため、赤ちゃんがお母さんの乳首を見つけやすいように乳首が黒ずむ可能性も考えられています。

妊娠中に乳首が黒ずんでしまうことは、お母さんになるための準備や赤ちゃんの成長のためという考え方もできるので全てが悪いとは言えないのです。

授乳期間が終われば乳首の色は戻ることが多い

妊娠中から赤ちゃんの授乳が終わるまで、どうしても乳首の黒ずみは気になるでしょう。
1歳~2歳ぐらいで卒乳をすると考えると、だいたい2年から3年ぐらいですね。
この期間が終わるとホルモンバランスが整い出し、肌の代謝なども正常に行われるようになるので、妊娠中か授乳で出来てしまった乳首の黒ずみは薄くなることがほとんどです。
あまり心配する必要はないでしょう。

それでも気になる黒ずみをケアしたい!

ホワイトラグジュアリープレミアムを妊娠中でも使いたい!

ホワイトラグジュアリープレミアムを妊娠中は授乳中に使用できるかという問題ですが、基本的には妊娠中や授乳中にホワイトラグジュアリープレミアムを使用することはできません。

妊娠中は通常よりも肌が敏感になっていたり、授乳中は乳首を直接赤ちゃんの口に入れることから好ましくないですし、安全性も確立されていません。

ホワイトラグジュアリープレミアムの口コミなどでは妊娠中や授乳中に使用しているという人もいるようですが、あくまでも自己責任となります。

卒乳してからのケアには最適なホワイトラグジュアリープレミアム

妊娠中や授乳中はホルモンバランスの変化によるものが大半を占めているので、ホワイトラグジュアリープレミアムを使用しても効果を実感できないことも多いですし、何よりも安全性も面で確かではないので使用するのは控えましょう。

ですが赤ちゃんの授乳が必要なくなり卒乳をした後の乳首のケアにホワイトラグジュアリープレミアムは最適です。

美白成分だけではなく美容成分保湿成分も配合されているので、黒ずみが気になる部分を中心に塗ることで高い効果を得ることができます。
上手く利用することで妊娠前の乳首の色に戻す効果も期待することができますね。